観葉植物人気ベスト10
お問い合わせリンク観葉植物人気ベスト10

サボテン

種類が豊富なサボテンは住宅事情に左右されること無く栽培できる優れた観葉植物であるといえます。サボテンはそのトゲだらけの外見のため扱いが難しいように思われがちですが、心の寂しさを癒してくれる植物なのです。ここでは、サボテンについての様々な情報を紹介していきます。

サボテンの選び方・育て方

サボテンは、観葉植物の中でも高い人気を誇る植物です。種類によっては手のひらに収まるくらい小さなものもあるため、どこででも育てることが出来る植物といえます。私たちの身近にあるサボテンは、どのような植物なのでしょうか。

分類

一般的にサボテンと呼ばれているものは、ナデシコ目サボテン科に属する多肉植物が該当します。このサボテン科に属する植物は約1万種あるといわれていて、種別によっては形状も特性も異なることが多いのです。また、多肉植物という条件を満たしていない植物にも「サボテン」という名前がついている場合があります。

特徴

約1万種も存在するサボテンに共通する特徴は、「トゲ」と「肉厚な茎」です。サボテンのトゲは葉が変形したもので、鳥や動物に捕食されないようにするために発達したものといわれています。サボテンの茎の内部には、多量の水分が含まれた組織が隠されています。地域によってはトゲナシサボテンなどの特定のサボテンを食材として用いることがあり、サボテンステーキや天ぷらなどの形で供されます。クジャクサボテン属に分類される月下美人やヒモサボテン属のサンカクサボテンの果実は、「ピタヤ」または「ドラゴンフルーツ」と呼ばれ、果物として高い人気を持っています。

育て方

サボテンは砂漠原産の種類が多いため、水やりを忘れてしまうような人にも向いているといえます。基本的に日当たりの良い場所で育てていくことになりますが、夏場は日差しが強くなるので余り日光に当てすぎないように注意しましょう。また、寒さには余り強くないので温度管理に気をつける必要があります。肥料は強いものを使うと根が負けてしまうので、サボテン用の肥料や薄めた液体肥料を使います。冬場は、気温が10度近くになる場所に移して越冬させるようにしましょう。サボテンの露地栽培は、北海道や東北などの雪の多い地方以外であれば越冬も難しくなく、水やりの必要もありません。

水やり

サボテンは、基本的には乾燥に強い植物ですが多湿を嫌います。なので、出来るだけ乾燥気味になるように水を与えます。土の表面が乾いたら2〜3日時間を置いて水を与えるようにすると良いでしょう。冬場は水やりを少なくして一ヶ月に一回程度に回数を減らしてしまいます。

殖やし方

サボテンは花が咲いた後に出来る種子を巻くか、挿し木または挿し葉で増やしていきます。サボテンは種類によって挿し木や挿し葉に使える部位が異なりますが、摘んだ切り口を乾燥させてから土に植えていきます。ポイントは、節状の茎または葉を捻って摘み取って挿し穂に使うことです。

観葉植物
<a href="http://kanyo10.com/" target="_blank"><img src="http://kanyo10.com/img/banner.gif" alt="観葉植物" width="88" height="31" border="0"></a>

観葉植物人気ベスト10

<a href="http://kanyo10.com/" target="_blank">観葉植物人気ベスト10</a>

広告掲載